前へ
次へ

不動産投資家が持っているツール

不動産投資家でないのならば、わざわざ購入する必要はないでしょうが、今後も融資のメンテナンスを行っていく不動産投資家にとっては、金融電卓を持っておいて損をしない、そうした話を不動産業界でされています。
操作も簡単、返済計画を立てたり、繰り上げ返済や借り換え時にシミュレーションがいつでも可能、費用対効果におすすめなのだそうです。
固定金利、段階金利、元金均等・固定金利などのボタンが並び、定期預金、外貨預金損益、繰上返済・借換という業界専門の機能が付帯されています。
不動産投資では、他に借り入れがないことが理想的ですが、サラリーマンなどは車のローンや教育ローンなど、他の借り入れがある場合も当然考えられます。
そうした場合の返済比率の算出方法もボタン操作でパパっとできます。
融資が難しい数値が出ても、どうしても融資を受けたいのなら、オートローンが完済してから、あるいは残債を一括返済する前提で審査に出すなど、パターンを予測できます。

Page Top